七大戦

 8月8日(火)から14日(月)までの七大戦期間に、名古屋で体育会クラブの応援や演舞演奏を行いました。

 七大戦期間は、8日(月)の対面コンパで幕を開けました。 名大の宿舎で1週間寝食を共にする仲間と食事をして交流しました。

 体育会クラブの応援では、メガホンを叩き声援を送りました。 特に、バドミントン部応援とバレーボール部応援では、コートの側で部員さんに混じって応援しました。 こんなにも選手の方々の近くで応援できることはあまりなく、貴重な機会となりました。

 12日(土)には、栄の噴水前でデモンストレーション演舞演奏を行いました。 翌日の演舞演奏の宣伝をすると共に、名古屋の人々に七大学の応援団・応援部の勢いを示しました。

 13日(日)には、豊田講堂で全国七大学応援団・応援部合同演舞演奏会を開催しました。 多くの時間を使い練習してきた成果を発揮した演舞演奏で、京都大学の存在感を大きなものにしました。 また、最後にブラスバンド部とチアリーダー部による合同ステージを行い、華やかに締め括りました。

 最終日の14日(火)には解散コンパを行いました。1週間の応援活動を振り返って、 七大戦期間の余韻に浸りながら会を楽しみました。

Page Top